やってみた。(がんばらないことにした。)

アクセスカウンタ

zoom RSS Lチカ (Blinky) で Vf 越え

<<   作成日時 : 2017/05/03 10:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

この業界というか、世間から離れていたのでPIOよりGPIOが一般用語になっていたり、
エロティカ?何言ってんだこいつとおもっていたらLチカとかがHello Worldに驚いている今日この頃。
さて、光って音がするおもちゃの属性が火属性だったので、赤LEDしか眼中になかったのですが、
いろいろ欲がすすむにつれ、RGBもっとけばソフトで何でもできそうだなと実験してみますと、

、点かない。

電池駆動を考慮して、VCCを3.3にシリコンダイオード直列で大体2.8V位で実験しているのですが、
青や、緑のVfギリギリのようです。

電池もう一声、で解決かもしれませんが、ドナーになるおもちゃの廉価版はボタン電池2個仕様なのです。
LCDやOLEDみたいに駆動電源用意すればいいのですけど、そこまで大げさにしなくても、おもちゃだし。

低電流での電圧稼ぎの定番、チャージポンプ、昔はコッククロフト・ウォルトンとか云ってた気もします。
charge pump1

音声サンプリングの24kHzをGPIOより注入しております。

、点いた。 パルスを止めると消灯しますので一応動いているようです。

ただ、部品点数多いな〜。電解コンとか場所とるし。そういえば、安定した電圧ほしいわけではなく、LEDが点けばいいのでした。直列のコンデンサがVccにおんぶすればいいので、実は後段の整流をLEDにしてみては?
charge pump2


、点いてる。パルスを止めて制御できた〜と思っていたら。
、薄くついたまま、普通に点いてる。
Vccの下駄だけで点いてしまう :(

Vcc制御?ピン数また消化なのか。

charge pump3


とりあえず、暫定はこの回路で。

charge pump Wave


波をとってみました。Duty 50%のうち、どれだけVf Over できているのでしょうか。電流の波、抵抗のところでとればいいのでしょうね。

チャージポンプでVf超えてみた。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Lチカ (Blinky) で Vf 越え やってみた。(がんばらないことにした。)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる